FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活:国際交流協会日本語教室

2010-09-09 | 16:28

就活をはじめて、半年・・・。
あたらしい現場をGETしました!

隣町の国際交流協会主催の日本語教室の専任講師の仕事です。
この町は、すでに、ボランティアグループにより日本語教室があります。そこでボランティアをしている人は、私のボランティア養成講座を受講して現在、ボランティアをしています。

つまり、この町では、ボランティアグループ主催の日本語教室国際交流協会主催の日本語教室の2種類の日本語教室を持つことになります。
これは、めずらしい状況なのではないでしょうか?
ともに、窓口は、自治体内の国際担当部署が窓口をしています。


そもそも、なぜ、私が日本語教室が新設されたかというと、私が専任講師をしている日本語教室にあたらしい日本語学習者が、来ました。しかし、対応できるクラスがないのです。
そのクラスは、日本語ゼロレベルです。
現在、とりあえず、同じ建物で隣町のボランティアをかりて、レッスンしています。
その学習者を全員、隣町の日本語教室へ移すことにしました。

既存ボランティアグループの日本語教室へいれるつもりでしたが、ボランティアから、ちゃんとした?日本語教師が教える日本語教室がほしいと要望があり、私に仕事がはいったというわけです。

少々、分かりにくいかもしれないですね。

違うタイプの日本語教室があることは、実にいいことだと思います。
日本語学習者が、それぞれ選ぶことができるわけですしね。

私の自治体では、こういう形態は、ちょっと難しいですね。
以前に、ボランティアクラスをつくっていましたが、長く続きませんでしたしね。


常々思っていますが、やはり、自分の自治体にかぎらず、隣近所の自治体とのかかわりは、大事ですね。

ボランティアをつかった日本語教室をやっていくつもりですし、新しいフィールドといえますね!!




この話題がおもしろかったら、ここをクリックしてくださいね。
いろいろな日本語教師のブログも見れますよ!
 ↓
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme : ■就職活動
Genre : 就職・お仕事

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。